画像

大
中
小

banner rev_man.html rev_wo.html

banner

薬用育毛剤の長春毛精に含まれている有効成分とは?

数ある育毛剤の中でも、生薬成分がたっぷり含まれた育毛剤として定評があるのが長春毛精。
生薬成分とは、天然の植物を使った成分となっていて、主に薬草の根や葉っぱ、茎、さらに果物の皮や実、種などを使った物を指しています。
そのため体に悪影響を及ぼすものはないと言われています。
効果的で、しかも安全な成分を使っている育毛剤と考えてよいでしょう。
化学成分や合成成分を一切使っていないので、人体に対する影響は一切ないと言われています。
では実際に長春毛精には、どのような生薬成分が含まれているのでしょうか。
全部で12種類の成分が配合されています。
甘草、ヒノキ、アロエエキス、シャクヤクエキス、ショウキョウエキス、大豆たんぱく質水解物、トウキエキス、オタネニンジンエキス、ヘチマエキス、ベニバナ、ヨモギエキス、米胚芽油の全12種類です。
それぞれの成分には、髪のコシを取り戻すもの、毛を太くたくましくするもの、頭皮環境を清浄なものにするもの、皮脂の汚れを落としてくれるもの、成分の浸透率を高めてくれるものなどの役割があります。
発毛・育毛サロンから誕生したということで、そのような施設に行かなくても、それだけの効果がある育毛剤を堪能できるということです。
特に女性の悩みとして挙げられる、抜け毛の増加や頭皮のかゆみ、髪のうねり、コシがなくなって細い毛などの悩みに対応している育毛剤となっています。
有効成分が入った育毛剤を使用すれば、40代や50代以降の更年期と言われる世代でも十分に薄毛改善効果が実証されています。
是非、有効成分を多く配合した長春毛細で養毛してみてはいかがでしょうか。

Copyright(c) 2013 Kaminoke Care. All Rights Reserved.