画像

大
中
小

banner rev_man.html rev_wo.html

banner

使用時の注意点

健康な毛を生やすために必要とされる育毛シャンプーは、石鹸系やアミノ酸系など原料による分類が存在し、さらに肌タイプによって分かれていたり、男性用と女性用に分けられています。「育毛できるなら何でもいいよ」と考えそうになりますが、実際のところこの育毛シャンプーに副作用はあるのでしょうか?


育毛シャンプーの注意点

まず、添加物や化学合成物質が入っているシャンプーは頭皮に対して逆効果になることに注意が必要です。原料による分類のうち、アルコール系シャンプーには化学合成物質が含まれているため、皮脂を根こそぎ洗い流して頭皮環境が荒れる原因となる可能性があります。安価だから、口コミで評判だからといって安易に飛びつくと、効果がないどころか抜け毛や切れ毛のようなトラブルの発生も考えられます。同じく香料や着色料など頭皮の洗浄にあまり関係のない成分が含まれている場合も、育毛には不向きですので控えた方が良いでしょう。


もともとあまりお肌が強くない敏感肌の方の場合、どんなに頭皮にやさしいとされているアミノ酸系シャンプーでも、かゆみや肌荒れが起きる場合があります。配合されている成分のうち、何が肌に良くて悪いのかを一つ一つ調べると大変ですから、弱酸性タイプの育毛シャンプーを使用すると良いと思います。もしも頭皮や肌に異常を感じたらすぐに使用を中止し、様子を見るか病院で診察を受けましょう。メーカーに連絡を入れ、説明を聞いてみるのも良い方法です。


以前は刺激が強いと言われていた育毛シャンプーも、近年改良が進んだおかげで天然の植物に由来する成分を配合している製品が登場してきています。天然の成分は化学合成物質にくらべてずっと刺激が少なく、副作用の心配もずっと少ないといえます。アミノ酸系シャンプーは皮脂を必要な分だけ残存させるので洗い残しがあるように感じられますが、必要以上に頭皮を掻き擦ると頭皮を傷つけてしまいますし、逆にもったいないからといってほとんど流さないとかゆみや炎症の原因にもなりますので、使用時は手順にしっかりと従うようにしましょう。
こちらのサイトでは、育毛剤のタイプについての詳しい解説があります。効能などについて参考になります。

Copyright(c) 2013 Kaminoke Care. All Rights Reserved.