画像

大
中
小

banner rev_man.html rev_wo.html

banner

生活習慣を整えてから育毛剤を使用する

「薄毛が進行したら、育毛剤を塗布すれば治る」、という単純なものではありません。
薄毛には、複合的な要素が絡んで進行してしまいますので、多角的に分析して治療することが重要です。
まず重要なことは自分の生活習慣をもう一度考え直すということです。
生活習慣で薄毛と結びつきのあることといえば睡眠不足、ストレス、食生活、シャンプーが主な要因となります。
睡眠は毛髪に栄養素を送る重要な時間になります。
寝る時間がバラバラだったり、睡眠時間が短いと、髪の再生や生成に乱れを生じます。
そして次に重要なことは、ストレスをためない生活。
仕事や普段の生活でストレスをためてしまうと毛細血管が収縮し、血液量が減ってしまいます。
その結果、髪の毛に十分な栄養が行き渡らず、抜け毛の大きな要因となってしまいます。
ただ、分かってはいるものの、一番改善が難しい要素となっています。
そして3つ目は食生活。
普段から油っぽいものを多く摂取したり、辛いものやお酒などを取りすぎると動脈硬化を招き、血流の妨げになります。
脂分が多いものは特に毛穴を詰まらせ、抜け毛を助長してしまいます。
また、お酒も肝臓への影響が大きく髪を生成するタンパク質を作る機能を低下させてしまいます。
食生活と抜け毛は密接な関係があるということを理解しときましょう。
そしてもう一つがシャンプー!
シャンプーももちろん髪を守る大事な要素で、時間がないからと適当にシャンプーをしたり、定期的なケアをしていないと皮脂の汚れや脂分が頭皮に残り、抜け毛を増加させてしまいます。
これらのことを一つ一つ改善していけば、育毛剤を使用しなくても抜け毛抑制の歯止めをかけることができます。
全て改善した上でも、薄毛が収まらなかった場合に育毛剤を使用するのが良いでしょう。
段階を踏んで薄毛の原因を掴み取ることが大事です。

Copyright(c) 2013 Kaminoke Care. All Rights Reserved.