画像

大
中
小

banner rev_man.html rev_wo.html

banner

育毛剤を使ってはいけない人

育毛剤は基本、どなたでも使用できるものがほとんどですが、中には注意が必要なものも存在します。
まずは各育毛剤の使用上の注意を読んで、自分が該当する場合は避けた方が良いでしょう。
特にアレルギー反応がある人は慎重に育毛剤の使用を検討する必要があるといえます。
アレルギー反応がある人は稀に頭皮に湿疹や腫れ、かゆみ、かぶれなどを発症するケースがあります。
ただ、基本的にこのような症状が出たとしても、使用を中断すればほとんどの場合で収まります。
副作用が発症されたからといって、焦って対処する必要はありません。
また、育毛剤は男女兼用のものもありますが、中には女性の使用が認められてないものもあるので注意が必要!
フィナステリドと呼ばれる成分が入ったものは女性の使用は認められていないので、女性は絶対に使用しないようにしましょう。
そして、特に注意が必要なのが、血管拡張作用のある育毛剤を使用する時!
血管拡張作用のある育毛剤の場合は、心臓や肝臓に負担をかける恐れがあります。
持病として、そういった部位に問題のある方はその育毛剤の使用を中止した方が良いでしょう 血管拡張の作用のある成分が含まれている育毛剤は、不整脈を誘発するケースがあります。
他にも低血圧の方や心臓疾患のある方は控えた方が良いでしょう 生命に影響を与えるような重篤なものではありませんが、利用を控えたほうが賢明です。
ただ、育毛剤でも医薬部外品と第1類医薬品がありますので、医薬部外品を利用すれば、そのような副作用の危険性はほとんどないと言えます。
またすでに内服薬や育毛に関する薬を服用している人は注意が必要。
併用する際はきちんと医師の判断を仰ぐことが重要となります。
ただ、日本で販売されている育毛剤の8割型が医薬部外品の育毛剤に該当するので、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

Copyright(c) 2013 Kaminoke Care. All Rights Reserved.