画像

大
中
小

banner rev_man.html rev_wo.html

banner

育毛剤と頭頂部薄毛の対策

男性型脱毛症で頭頂部の薄毛が目立つという方は、頭頂部にだけ育毛剤を塗布すれば良いというわけではありません。
頭部全体が毛周期のバランスが崩れている証拠です。
髪の毛には成長期と休止期と退行期と呼ばれる三つの成長過程があります。
薄毛が目立つ人は成長期の期間が短くなり、休止期と退行期の期間が長くなってしまい、髪が抜け落ちるというサイクルになってしまっています。
毛周期を正常なものに戻すには、やはり育毛剤しかありません。
頭頂部が薄いということは、ほぼ間違いなく男性型脱毛症と言って良いでしょう。
その場合は、やはり男性ホルモンの作用を抑える育毛剤や内服薬を利用するべきです。
ただ男性ホルモン自体は、誰にもあるもの。
なので、男性ホルモン自体は決して悪いものではありませんが、その男性ホルモンが、ジヒドロテストステロンと呼ばれる悪い男性ホルモンに変化してしまうと、頭頂部や生え際の薄毛の進行が激しくなってしまいます。
この作用を食い止めるには、フィナステリドやミノキシジルを含んだ育毛剤やタブレットを利用するのが1番効果的です。
薄毛が進行してから5年以内であれば、髪の毛は再生可能と言われています。
長い間放置しておくと、それだけ改善が難しくなるので、薄毛が気になりだした段階で、育毛剤を使用するようにしましょう。
育毛剤の商品を細かく成分チェックすると、フィナステリドやミノキシジルが含まれているかどうかわかりますので、気になる商品があったらチェックしてみると良いでしょう。
頭頂部や生え際などの薄毛進行が激しい部分でも、決して多く塗布するのではなく、使用容量を守って適量を使用することが最善の策となります。

Copyright(c) 2013 Kaminoke Care. All Rights Reserved.