画像

大
中
小

banner rev_man.html rev_wo.html

banner

デメリットについて

育毛するために欠かせない育毛シャンプーですが、そのデメリットについては意外に知られていないかもしれません。肌タイプ一つ取っても、普通肌の方と敏感肌の方では効果や洗い上がりも全く違う場合がありますから、使用前には出来るだけお肌に合ったものを使うようにしたいところです。もしも何らかの症状が現れた場合は、すぐに使用を中止し、場合によっては皮膚科を受診するようにしましょう。
そこで今回は、育毛シャンプーのデメリットについて、シャンプーの種類ごとに比較したいと思います。


アルコール系シャンプー

アルコール系シャンプーのデメリットは、なんといっても頭皮や髪への刺激性と強すぎる洗浄力にあります。刺激の高い成分が配合されていると強い洗浄力によって必要な皮脂まで除去されるので、育毛環境を大きく損ねるうえ、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌なども起こる場合があります。頭皮をきれいにしよう!と思ってうっかり強い洗浄力のシャンプーを選んでしまうと、かえって逆効果になる可能性があります。


アミノ酸系シャンプー

今流行中のアミノ系シャンプーは他の種類に比べて刺激が低く、肌に良い成分が使われていることでも有名ですが、育毛に効果的であるぶん価格が高いことが苦しい部分です。育毛シャンプーはできれば毎日使って頭皮の環境を保っておきたいところですが、価格が高いとそれだけ育毛にお金をかけることにもなります。しかしながら、市販品よりもアミノ系シャンプーを使用した方が育毛には効果的です。


石鹸系シャンプー

石鹸系シャンプーのデメリットは、アルカリ性という性質ゆえ髪の毛のキューティクルを損ね、頭皮や髪はきれいになるものの、ごわごわになったり指通りが悪くなったりします。基本的に脂性肌の人が使うことが望ましいとされているので、普通肌や敏感肌、乾燥肌の方は使用に向きません。また、洗い残しのないようしっかりすすぎを行い、リンスやトリートメントなどを使って髪を弱酸性に戻す必要があります。
こちらのサイトも参考になると思いますので、ぜひご覧ください。http://www.aus-e-lit.net/

Copyright(c) 2013 Kaminoke Care. All Rights Reserved.