画像

大
中
小

banner rev_man.html rev_wo.html

banner

育毛剤の分類について

育毛剤は第1類医薬品と医薬部外品のものが多く流通しています。
第1類医薬品の育毛剤はドラッグストアや薬局にも販売されていますが、必ず医師や薬剤師のいるところで許可を得なければ購入することができない育毛剤となります。
第1類医薬品に関しては、これまでネット販売で購入することができませんでしたが、最近は徐々に流通しつつあります。
その背景には薬事法の規定で、第1類医薬品は薬剤師の判断がつきにくいネットでの購入は禁止されていましたが、「インターネットで第1類医薬品の販売を禁止するという規制は無効」、という最高裁の判決が出されたため、事実上、インターネットでの第1類医薬品に該当する育毛剤の購入も可能になりました。
大手通販サイトを見てみると、今では数店舗で第1類医薬品の育毛剤を取り扱っているところもあります。
そして、もう一つは医薬部外品。
現在日本で流通している育毛剤を見てみると、9対1ぐらいの割合で圧倒的に医薬部外品の育毛剤の方が多くなっています。
やはり規制が緩く、ネットや実店舗でどなたでも購入できるため、流通が多くなっています。
ただ、効能の面から判断すると、やはり即効性に長けているとは言い切れず、効果も緩やかなものが多いのが特徴です。
副作用の心配もないので、まずは医学部外品の育毛剤から試してみるのも良いでしょう。
最近では研究開発も進み、医薬部外品でも効果のある育毛剤が増えてきています。
無理にリスクを冒すよりも医薬部外品で、まずは薄毛改善の効果を確かめてみるのが良いのではないでしょうか。
ただ、医学部外品で効果を感じ取ることができなかったら、第1類医薬品の育毛剤に切り替えるのがベスト!
リスクは医薬部外品に比べて多少上がりますが、効果がその分高いという事も事実です。

Copyright(c) 2013 Kaminoke Care. All Rights Reserved.